1年が終わります。

Tiny Titanium思い起こせば一年前・・・とかいうのはもうヘトヘトで今夜は書く根性がありません。
多くの皆様に支えられたり引きずり降ろされたりを繰り返しながら、なんとか一年が終わりました。

終わってみればおっさんの手の中にあるのは、ちいさなちいさなtitaniumと言う事で、お後が宜しいようで。

で、いきなり終わったら怒られますね。

思いの丈は商品ページと説明書のあとがきにこれでもかという感じで書き綴ってしまいましたので、もういいっす。
おっさん自身、塗装仕上げが終わった現物を見たのは今日が初めて。
気に喰わなかったのは一点だけ、PCCのLOGOが指定色とちょと違うアルよー><)。
まぁ、中華なので他が予想より良い出来映えだったので良しとします。

PCCの鏡面仕上げは激烈いいっす。
でもフタをあけるとTiny用にかさ上げしたスポンジがしょぼいし、組上げた後に表しか磨いてないのがバレバレです。

肝心のTiny Titaniumのカラーリングは想像した通り、完全に指定通りでした。
TitaniumじゃなくTitanium Goldであるところの絶妙さなんか、そりゃあもうMizunoの金属バット並みの勢いです(謎。

皆さん煙量とか気になると思うので、今度元気なときに動画撮りますです。
Tiny Atomizerは401以上510未満。Tiny CartomizerはKR808D-1仕様なので、LT程では無いですが、普通にKR808D-1。
細身で噛み易いです
細くてもカトマイザー使いならそこそこやれます。
ドローは401より軽いので、軽快にくわえ煙草可能。
っていうかくわえ煙草できなかったらこのモデルの意味が無いですね。

charger
さて、Tinyの話はまた改めてということで、なんでMODで無くあえて小型化にいったのか、そんなおっさんのココロのうちがちょっと覗けるかも知れないニューサンプル画像。

そーらーぱわーんなUSB給電装置でございます。
折りたたみ式折り畳むとiPhoneよりチョイ小さいくらい。

スペックシートが入ってないので週明けに問い合せですが、Tiny充電完了まで48分。
超優秀。
USB-ACアダプタ使用時と変わりません。

但し、USB充電器はPCCよりも定電圧モードの終了が若干早いので腹八分目充電っぽいです。

残念ながら立ち上がりに大電流を要求する特殊仕様のiPhone 3GSは充電できませんでした。

最初の一年は頭でっかちで「王道たるや〜」に拘っていましたが、二年目は少し肩の力を抜いて、やりたい放題いってみたいなと。
そんな感じです。

Tags: , ,