屋上デビュー

プラグトレーがやや窮屈になってきた娃々菜の皆さんをお外に出してみました。

5月の2日播種だから、ちょうど8週目に入ったあたりかな?

えぇまぁビニールハウスとか持ってないので剥き身っすw

これはこれで青空水耕農業の実験ってことでスーパーの屋上的にはアリとしとこう。

栽培室の隅っこに忘れ去られ、ハモグリに痛めつけられ、栄養バランスもグダグダなんですが、日光だけは浴び放題無料大開放なのでいけるんじゃないかな?

一応ささやかな親心ってことで、いきなり西陽アタックを喰らわないよう西側に遮蔽物のあるポイントをチョイス。

9×4の36株。

でも真夏の灼熱地獄まっただなかに結球期を迎える事になるので一抹の不安。


ほいでこっちは衝撃の証拠写真。
微グロなので虫が苦手な方は拡大禁止。

従業員さんがお外で買った苗を水耕移植したもの。

もの凄い勢いでアブラーの皆さんが…。
ちなみにこれ、ショップの店内です。

んでもって隣に置いてるおっさんが種から仕込んだトマトやレタスはいまのところ無傷。

こっちの分野でも発言には気をつけなければならない立場になりつつあるので大きな声では言えないですが、そういうことです。

そうそうとお外に追い出しましたが、お外でもすぐ隣にはおっさんトマト客寄せパンダ仕様が並んでいるのでこれまたちょっと心配。

でもネイティブ水耕と移植組の比較検証できるので、それはそれでやられちゃってもアリかなと。

いままで「土で作った苗はめちゃめちゃ色んな菌が蠢いてるし、虫やら卵やらてんこ盛りなので絶対タネからやったほうがいいですよ」と、アドバイスするたびに「またこいつは小難しいこといいやがってめんどくせー」くらいの怪訝そうなリアクションを頂いていたわけですが、今後はこの画像見せれば一発ですね。

土で作ったものは土の畑で、それなりに農薬散布しながら普通栽培で行った方が吉でございます。

ちなみにこの苗は買った人が庭に植えようとしていたのをおっさんが颯爽とインターセプトしてきたものなので、従業員さんに非はありませんでございます。

屋上用サンダルも買ったし、がんばろー。