eLips-MIX

今日はレタスの収穫方法について書くつもりだったんですよ。

レタスは外側から育っていって、若い葉は内側っていうか上の方から生えてくるから、順繰りに外側の葉を収穫していけば無限ループで食べ続けられるわけで、でもホントにおいしいのは瑞々しい若い葉なわけで・・・そこで思い切って上部8割くらいをハサミでちょっきんして食べちゃったら切り株からまた若い葉生えてこないかなぁーと実験しはじめましたーな記事を書く気満々で写真とか撮ってたんです。

そしたら若旦那が突然新製品を送りつけておいでになられたんですね、これが。

ちなみに最初、こやつの画像が送られてきた時、おっさんは反射的に(゚⊿゚)イラネと思ったわけでございます。

んでエージェントにも即答。

「おもしろいけど日本だとこういうキワモノ売れにくいから」

ところがどっこい同じタイミングで若旦那はサンプルちょーだいとか言ってるではあーりませんか。

しかも届いたサンプルも気に入ったらしく、すかさず発注、昨日入荷して明日あたり掲載というハイペースな展開。

本家で出る前に流通抑えられることなんて今まで無かったし、ホントに本家でリリースされるのかいまだに半信半疑なおっさんではありますが、とりあえず評価するっす。

eLipsと銘打たれていますがバッテリーは400mAhの完全新規でeLips-Tとは互換性無し。

Cartomizerは透明CE2でシリコンキャップ部分が改良されており、ジュルりません。

口金的には一応510互換っぽい感じでTA2とかも装着できるんですが、わずかにピッチが狭いのと、どのみちマウスピースとカバー付けるには専用カトマ使わないといけないんで、標準の状態では非互換と思ったほうがいいっす。

ほいでもって此奴の特色というか“MIX”である所以、左右それぞれのカトマに異なるリキッドを入れて、ボタンの押し位置により左オンリー・右オンリー・左右MIXと吸いわけができる仕様でござーます。

ニコリキとノンニコ入れたり、バニラとコーヒー入れたりするといいのかも。

むかーし、MOD系でこんなんありましたよね?

その記憶が残っているせいで、直感的に(゚⊿゚)イラネな判断だったわけですが、おっさん間違ってました。

予想に反してかなりいいっす。

CE2機構とは思えない芳醇な味わい。
綿カトマのデュアルコイルとはまた違った濃さと旨さ。

eLipsと同じOvaleデザインは見た目もさる事ならが横長のボタンが思いのほか押しやすく、かなりしっくりと喫煙具としてのフォームにハマります。

510互換では無いので従来資産は活かせませんが、購入してしっかり納得の行く系統の製品ですね。

唯一難点をあげるとすればコスト面。
セット内容はバッテリー一本だし、スペアカトマの仕入れ値が高いので売値もそれなりにお高く設定されると思います。

CE2機構で空焚きクリーニングすれば繰り返し長寿命で使えるとはいえ、流通の細さを勘定に入れてあらかじめ予備を確保しておくとなるとやはりイニシャルが高くつく。

コスト面にシビアな2chではウケないだろうなぁと思いつつも、マニュアル機としてはおっさんの中でNo.1に躍り出ましたね、コレは。

味も煙量も申し分なし。

但し、互換性とコスパを重視する玄人層には訴求しないし、Amazonや楽天では同じような見た目でより安いeLips-Tに負けるだろうし、不遇の名機になっていく切ない予感。

充電器はeLips-Tと互換あるっぽいので、そこはオプション扱いにするとかで、若旦那にはコスパ上げたセット構成考えて貰いたいところではありますですね。

※国内スレ890氏、ご指摘ありがちょーーー(めっちゃ恥ずかしい

Tags: