判定

一昨日書いた個体烟油の評価終了っす。

ちなみに同じのか違うのかは不明ですが、とりあえず似たような系をエコイズムさんで扱っていたことがあったと教えてもらいました。

おっさん不勉強ですまんですm(__)m
工場付き合いだけじゃなく、ショップさんももう少しチェックしとかないとダメですの(汗


まずTiny Atomizer 2での運用ですが、その初日の夜になって問題が発生しました。

使用休止中に冷えて固まった烟油が、アトマの通気ルートを塞いでしまうのです。
マニュアルバッテリーならさして問題ないのですが、オートの場合、吸えないとスイッチが入らず温まらないのでそこでジ・エンドwww。

最初だけおもいっきし吸えばスイッチ入ってなんとか再開できるんですが、ちょっとね・・・。

イマイチ感が出てきてしまったのでなんとなく普通のリキッドをブレンドしてみたところ、更に凶悪な問題が!

使用中に融けた烟油が、通常リキとのブレンドで垂れやすくなり、オートバッテリーに侵入、普通のリキならティッシュのこよりで拭うだけでOKなわけですが、烟油は冷えるとセンサーの中で固まって拭えなくなります。

仕方が無いのでセンサー部とバッテリーセルを分離し、センサーだけ煮沸洗浄コース。
乾いたら口金部への密着処理を再度施して、セルをハンダ付け、バッテリー管に戻して完了。

つうかダメですね、コレは。

とはいえ結構な数が出てるということはそれなりに使いどころがあるはずということで、煮沸に使ったお湯にチューブを突っ込み、液化させた烟油を綿カトマに流しこんでみました。

恐らくコレが本来の使用法なんじゃないかと。

これならKINGDOMサイズでもスペア携帯中に漏れたりすることはありません。

DualCoilで綿式カトマも復興の兆しなので、一瞬『アリか?』という考えが脳裏をよぎりましたが、おっさん自身こやつを使いたいか自問自答。

結論:TDと鉄タバでいいよね。

というわけで、無しの方向で。
お疲れ様でしたー( ̄^ ̄ゞ