MicroCig系3種

Tiny TitaniumなeGo PCCアダプター試作に使う材料がBlueCigからやってきたわけですが、なんかその中にDual Coil、CE4、X7とMicroCigな新製品3種とCE2が入ってました。

これはたぶん「遊んでばっか居ないないで既製品も評価せよ」という若旦那からのメッセージだと思われまふ。

まず手始めにX7。

つまるところがシリコンキャップを廃止して、DripTipで栓をする事にしたCE3ですね。

DT外径と半透明ボディー内径がカッツカツに作ってあるので予想に反して吸口側からの漏れは観測できず。

但し、solo flightみたいに底部をガッチガチにシリコン固めとかはやっていないようで、使ってるとじんわりと口金の吸気孔から漏れてきます。

味わい的にはCE3やG4よりも進化してます。

以前のスカスカ感は無く、タンク系の特徴とも言えるしっとり甘口感とも違う感じ。

とてもクリアで上品ですね。

あと光るとこがポイント高め。

但し、SF・eLips・SDと、それなりに所有欲を掻き立てるモデルが続いていたため、なんていうかこの使い捨て医療機器っぽい貧相な筐体がおっさん的にはもう射程圏外。

漏れさえちょこちょこ拭うコマメさがあって、チープなポップさが嫌いじゃ無い方は試してみてもいいかも。

お次はCE4。

eGoデザインのCE3ですね。

こちらは従来のものよりやや進化したシリコンキャップを採用していて、火力・耐漏れ的にもX7より安定感あり。

でも光りません。
しかも外径がeGoバッテリーより1mm程太いんですが・・・。

ボディのスモークがかなり濃いいので外出仕様としてはありかも知れませんが、おっさん的にはこのサイズならSF・SDがあるので無しかな。

IMISTと同じくセンター吸気殺してあるのでマニュアルバッテリー・オンリーです。

CE2に関してはまぁ安くて安定、庶民の味方ってことでめんどいので評価すっとばし(ヲイ

そしてラストがDual Coilなスモーキークリア・カトマイザー。

半透明なのに綿式っす。

鉄管じゃないとなんか違和感あって見た目インプレッションは「あー、こいつはダメだな」系のお品だったんですが、はっきし言ってこれは買いであります( ̄^ ̄ゞ

BlueCigのお客さんにわかりやすい表現をしたなら『初期の青箱をお上品にした味』。

濃い目のスモーキークリアですが、光に透かせばどの部分までチャージしたリキッドが浸透しているか視認できるのもマル。

加熱部位を分散したことでピーキーになることないままに安定煙量、次期KINGDOMに是非とも採用したいかも。


以上、今日明日にも店頭に並ぶかと思いますが、サンプルプラスαくらいしか入れて無いって言ってたので、もしかするとレジ裏かも。