eLips-T

そんなわけで長く沈黙をまもってましたが、ようやっと一つ目、リリースされましたね。

こやつの発注かけた時点ではOVALEブランドのモノしか流通しておらず、「こいつぁクリスマス商戦にうってつけだぜ!」な勢いで盛り上がりまくったんですが、生産待ちしてる間に例の中華半卸サイトで取り扱いが始まり、途端に下請け部材屋から部品が枯渇∑( ̄[] ̄;)

持てるコネをフル動員して部品を確保、ようやっと本日入荷とあいなったわけです。

大変だたねー。

そんなわけでこの人。
使ってるパーツの大半は例のところとおんなじ兄弟機ですが、産声を上げた工場は別のとこ。

モノとしては既に韓国高級店から購入された方のレビューが出まわっているので今更感が拭えませんが、正直、カナリいいっす。
510バッテリーで運用してる510-Tはコイツによって完全に終わった感アリ。

若旦那的にもお約束の事前飲み屋アンケートでかつてない好感度だったため、イケイケで攻めてるみたいですが、何しろなかなか部品がおさえられない。

小型大煙量タンクスタイルと、言う事なしに思えるeLips-Tですが、唯一弱点らしい弱点といえば吹き戻しによるマウスピース内の水滴ですね。
機構的にじゅるったりするわけでは無いのですが、タンク交換の際にちょっとイヤンな感じ。

それもあってか運用は予備タンク携帯というスタイルではなく、タンク&マウスピース装着済みのバッテリーをクリックロックしてポケットに突っ込む系で考えられており、セットにも最初からアトマが2つついてきます。

アトマイザーはねじ込み式では無く、パッキン圧による単純差し込みですが、かなり硬めなのですっぽぬけたりはしません。
んで充電も底部のソケットに専用USBケーブルで行うので、ネジから解放された初の電子タバコと言っても良いかもですね。

オートとカスタム・マウスピース作りたいなー。


solo flightはあっという間に2ヶ月が経ってしまいました。

金型代払って専用輪ゴム(気密用シリコン)作るとこはスムースに行ったんですが、複数工場間のギスギスで例によってトラブル満載。

それでもタンクは既に出庫されたハズなんですが、更に思わぬ落とし穴。
増産分のジャケットとキャリアがファーストロット同じ色にならない(T T)
なんで配合とか残しとかないかなぁ・・・

二ヶ月使いっぱでそろそろおっさん個人用のシリコンキャップも穴のあたりが千切れて来てるので、これは入ったらスペアタンクだけ出しちゃう方向かも。

しかしまぁ二ヶ月もっちゃうカトマって、それはそれで商い的にはどうなんでしょうね?

Tags: ,