【白菜2】逆転現象 – 71日目

向かって左下が西側窓面

日照条件が悪いと栄養バランスが僅かにズレただけでも生理障害が発生する。

その理屈はよくわかる。
確かに夏の間は陽の当たらない株ほど症状が顕著で、少しでも日照の良い株がぐんぐん育った。

ところが秋になって状況が逆転。

これまで隆盛を誇っていた窓側の日照が良い株に新葉(内葉)のチップバーンが顕著となり、反対に、以前は生理障害に喘いでいた日照の悪い株は、チップバーンした葉も今や外葉となり、いい感じに結球体制に入っている。

ちょっと考察まとめないといけない事象だけど、今日は忙しいのでメモだけしとく。
おしまい。



06:30 晴 室温19℃ 栽培室14℃
白菜2nd 71日目 (2011.08.02)
レタス 61日目 (2011.08.22)
白菜3rd 10日目 (2011.10.12)

Tags: ,