solo flight リリース直前レビューの巻

思い起こせば1月24日、ジャイアンの発表を見てこれは対抗を作らねばと。

そして2月には設計一式工場に送って何度も何度も何度も何度も、数えきれないくらいのリテイクを繰り返し、無駄になった金型が山のよう・・・。

先日ようやっと量産に漕ぎ着けたsolo flightっす。

なんかキラキラ過ぎてうまく写真が撮れてないですが、質感グーっす。

バッテリーとかキャリアーの類は若旦那のところに入荷済みなので、あとは肝心のTANKとJACKETが入荷するのを待つばかり・・・むふふ( ̄ー ̄)

JACKETは未塗装品なのでちょっとチグハグですが、動画で軽〜くいってみまそ。

なんか首とか切れちゃってるんですが撮り直しだるいので(゚ε゚)キニシナイ!!

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

※iPhone等埋め込み動画が見れない方はこちら

最初に登場するのはTANK CARRIERのSINGLEモデル。
solo flight TANKをポケットなんかに突っ込んで携帯する際に使うケースですね。
メッキ調の塗装なので質感もバッチシ。
CE2とか使ってて「こういうの欲しいっ!」って思ってる人は多いんでないでそうか?

次に出てくるのがバッテリー。
パッと見タダのeGoバッテリーなわけですが、いわゆるひとつのデカいTinyバッテリーでございます。
メカニカルオートの機構はまんまTiny Titaniumを継承していますので、感度も耐久性も現在の電子タバコ・ラインナップにおいてはピカイチでございます。
っていうかeGoサイズでもオートはやっぱ(・∀・)イイ!!
一回使ったらマニュアルには戻れないべさ。

頑張ればくわえタバコもできるだお。

動画のようにCARRIERの縁を強めに握って、直接バッテリーに装着すれば出先で手が汚れることも無い予感。

んでもって残量確認窓のついたMETAL JACKETを装着して吸引するわけですが、TANKにはLEDが沈んでいるので吸引するとカッチョ良く光ります。
このLEDは訴求点なのでもっとじっくり撮ればよかったですのぅ。
バッテリーの底部にもLEDが仕込んであるので、扱う様はあたかも金属の葉巻を吸っているようでございます。

最後にタンクを収納しているのがCARRIERのDUAL。
SINGLEの倍の長さで両切りタイプ、2本のタンクを仕込めます。

セットの構成は

・EMPTY TANK ×5
・METAL JACKET ×1
・AUTO BATTERY ×2
・TANK CARRIER DUAL×2

そしてこれら全てを収納可能なeGo PCC。
勿論吸引中の一本はバッテリーからジャケットまで全て装着状態ですっぽり収まります。

どうすか?
ヨダレダダ漏れてきませんか?

お味の方もLRに頼らずにコイルの巻きをちょっち変えて、CE2機構の限界付近まで深く濃イイ感じにセッティングしてあります。
まあ濃くなった分はトレードオフとしてリキ消費爆裂なわけですが、省エネ重視の方には既にCE2がありますから、こっちは贅沢仕様であっけらかんと逝ってまいます。

と、ここまでいい事ずくめだと『おっさんのくせにやるでは無いか』的な評価に落ち着きそうなんですが、そうは問屋が卸さない!

今回もちゃんとオチは用意されていました。

バッテリー底部のロゴ部分。
『solo flight』でぐるっと一周しているわけですが、最初のsと最後のtがぴったり隣合わせに・・・。

もうバッテリーは納品済みだし、やり直してたら来月になりかねない。
そんなわけでファーストロットはこのままいくっす><)。
すまぬー。

と、いうわけで、リリース直前レビューの巻でしたん。

Tags: