MOD CASE

MOD CASEmixiでチョロチョロ話してる試作2号機、目処が立ったのででこっちにもup。

単四エネループ4本の4.8v/750mAh、LT-V9仕様。

※601で3.7v/900mAh。

刻印入れようと試みて挫折した痕が笑えます。

アトマイザー部が収納可能。

内部にマスタースイッチがあるので持ち運び時にポケットの中で誤作動しないのがエライところ。

「四角って持ち難さ的にどうなのよ?」と一抹の不安がありましたが、試作してみたらちょー快適

おっさんが個人予算でLTのバッテリーを買う事はもう無いでしょう。

 

IMG_0005たいした事はしてないワケですが、アトマイザー差し込み穴をあけるのが結構大変。

道具の用途があっていないのかこの穴だけで小一時間かかります(カートリッジ汚っ!。

開口部だから切削ドリルも使えないし・・・うーむ。

ちょっぴり成金趣味な銀色紅葉柄の外装を引っ剥がしたので少し隙間が出てしまいますです。

 

401版も作ってみたんですが、401に4.8vとは電圧高杉ですね。

刺激が強すぎて401最大の特徴であるところの味わいが無くなってしまいます。

 

さてお値段ですが、このタイプはたぶん4,800円。

しかーし、あまっている紅葉柄ケースがあるうちは3,800円でケース代分値引きという方向でかんがえちゅう。

安いので、内部のレイアウトや仕上げには目をつむって下さいまし。

水曜に本番用のパーツが揃うので、暇を見てコツコツつくって出来た分ずつ販売します。

 

そういえばやっぱり2chに特許云々言い始める人が出ましたね。

今回のMOD CASEなんてタダでさえLoongTotemに代金支払済の材料で出来てるわけですが、もう一回払えとおっしゃる?

嘘でもこじつけでも「違法」というキーワードを出しておけば躊躇するお客さんは少なからず居ますから、効果的ですね。

 

さて、その他のハード関連ですが、連休はあけたものの予想どおり全然収拾がついていないようです。とにかく工場が出庫してくれるのを待つしかありませんね。

「いつ頃になりますか?」というお問合せを沢山いただいていて申し訳ないのですが、工場からブルシグへの出庫予定日は2週間前に過ぎています。

一旦予定が狂ったら手元に荷が届くまではいつになるかわからないのが彼らとの取引ですので、おっさんも正座して待つより他無いのです。

そして入荷すればすぐにショップに掲載されますので、事前に確定情報がわかるのは前日もしくは当日の通関完了時です。

予約制度廃止してほんとに良かったと思う今日この頃です。

Tags: ,