510-eGo G4 Clear Cartomizer

買い物した記憶は無いのにヤマトの人がやってきた。
開けてみるとG4が。

これは・・・・なんか書けってことかえ@@?

立ち位置的にはCE2 Clearomizerの別メーカーによる後継機というべきだろうか。

但し、CE2の最大の特徴とも言える、吸い上げ用の長〜いグラス・ファイバーが無いため、見た目はかなりスッキリとしている。

手に持った状態で撮影したのは、人前で使う抵抗感が透明CE2よりも随分と軽減されていることを表現したかったのだが、伝わっているだろうか?

口金直上の電熱コイルを小さな内タンクで密閉し、外殻を貫通させたグラス・ファイバーがストローの要領で外タンクからリキッドを吸い込む機構となっている。

タンク中心には通気管が通っているが、この吸い込み圧がリキッド浸透の負圧になっているあたり、ある種Feeder的な機構であるとも言える。

BlueCigで扱っているCE2はやや低抵抗のものをセレクトしている為、比較するとG4は僅かにおとなしいニクロム線をアテンドされているようだが、リキッド供給機構とのバランスは、今のところとても良い。

商品説明ではシリンジによるリキッド・チャージが推奨されているようだが、実際には通気管とタンク外殻の間にかなり空間があるため、壁面をつたうようにリキッドボトルから直接チャージできる。

これは便利。

フタの役目も果たしているマウスピースはとても柔らかく、DTなどの固い吸口に馴染んでしまった我々には多少違和感があるが、すぐに慣れる。

口金とタンクの接合部が歪んで接着されてしまっている個体が多いあたりは、例によって所詮は中華180円というとことろ。

全般に、初心者にも奨めやすいお利口さんなアイテムと、個人的評価を下す。
機構的なスマートさは大変良いが、LR適性がどの程度あるのか、今後のバリエーション展開が気になるところ。

Tags: