V字アトマイザーの怪

DSE601 V字アトマイザーアトマイザー・ヘッドの形が違うだけでそんなに性能が変わるわけ無いだべさ?
とかおっさんも思うべな。

でもやっぱ明らかに、っていうか劇的に違うわけで、とりあえずバラしてみました。

まじまじと見つめてみると、確かにコーナの角度がきつすぎて、ヘッドが潰れてしまっていますです。
メーカーの改良コンセプトとしては「V字にして背丈を高くする事でカートリッジの綿を圧迫し強制的にリキッド浸透を促す。」だったワケですが、押し出した分が途中の潰れた部分で塞き止められてしまっているのかも。

しょぼい機構の中にもバランスは重要なのでありますっ!

それはさておき、気になる510のお値段ですが、内部で、もの凄いせめぎ合いのまっただ中です。

「510はPCCで行きたいな」とどっかに書いてはや数ヶ月、浮気せずにずっとまっていてくれた方々に「待っててよかったじぇ!」と言ってもらえる価格ラインを、おっさん的には取りたいわけですが、実現するにはまず、チャイナなメーカーの営業担当を口車にのせ、続いて売れるなら一円でも高く売りたい清く貧しいスタッフ陣営の説得に成功しないといけないわけです。

なんていうか例えるならネトゲの為にグラボを新調したいオジサマが必死に家庭内大蔵省を口説いているような、そんな様相になっていますです。

明日中国を発つサンプルが手元に届き次第、営業交渉も最終局面。
早ければ来週中には発売になるようなならないような、そんな状況でございまふ。

Tags: ,