相変わらずの小競り合い

思い起こせばブルシグの歴史はLoongTotemとの小競り合いの歴史のような気がしますね。

SMOOREの時の方がトラブル的には大きかったわけですが、BCM401の登場でなんとなく記憶の彼方に・・・

7末まで我慢して8月に入ったら一挙に元仕様のカートを仕入れようと思ってたのに、いざ出荷となると毎度の事ながらスムースにいきません。

LTの社長さん的には新カートが旧カートに劣る事を認めて旧仕様に戻す事で手打ちになっているのに、現場の営業陣営は「今後はこちらのカートリッジになる事になった」の一点張りでどうどうめぐり・・・

株主的世間体の束縛が無くなったところで、いっそcixiのカートにしてしまおうかとも思うわけですが、cixiのもそれはそれでバッテリーと少しだけ隙間できるんですよね。

自分でチョイスして買ってる人は納得してても、ブルシグで扱ったらクレーム対象になりそうだし、早く現地に行って自分の目で選べる環境にしたいですね。

さすがにこれ以上カート品切れにしておくわけにもいかないし、今週話がつかなければ新仕様を受け入れながら切り替え先を本格選定です。

小競り合いがあるのは中国側だけではありません。

今日はLowsonでEXPACKの受付を拒否られました。

地方拠点の選定であちらこちらをまわっているので、実際に郵便局やらクロネコさんの担当営業所やらもチェックしているのですが、郵便局が遠い場所ならLowson、クロネコさんが遠い場所ならファミマが代替として使えます。

郵便局の回収時間の確認がてらEXPACK出しにいったらバイトのお兄様に「EXPACKは預からないようにと最近郵便局から通達がありまして」とお断られラレラです。

どうも話してみるとそもそもEXPACKが何か良くわかっていないようで、サイズが測れないから扱えないとかいろいろ申されますので、面倒になってその場で郵便局に電話、お兄様と直接話をしてもらいました。

これで預かってもらえるかと思いきや、今度は店内に設置のあの小さなポストに入れて貰わないと困るとかおっしゃられる。

ポストに入らないからお店まで持って来てるわけで、レジに設定入ってるからバーコード通してミソって何度言ってもこちらの言う事をガンとして聞かない。

仕方が無いので今度はローソンの本部に電話・・・

都内なら海外からの留学生のアルバイトでもスムースにこなせる作業にここまで手間取るとは・・・あなどれじ。

最終的に預かり票がプリントアウトされるまで30分以上かかりました。

一年前のおっさんならそのままローソンの地域本部にシステム見直しのご提案に行くところですが、今は流浪の民なのでそそくさと帰りました。

それはさておきmixiの方、なかなか顔出せずすいません。

集中して片付けなければならない事が山積みなので、ちょっとだけお休みです。

Tags: