EMSとAIRMAIL

ニコチン入りリキッドを愛用するものにとっては避けられないのが個人輸入のプロセス。
この話題に触れるのももう何度目になるでしょうか?

二代目として店を引き継いだ若旦那からも折りに触れ「このさぁー、AIRMAILってなんとかする方法無いの?」と質問されるわけですが解決策はひとつしかありません。

「頑張って稼いで中国郵政を買え!」

調子のいいときはサクサクと一週間位で荷が届き「これならEMS使わなくていんじゃね?」的な油断を生むわけですが、その油断が命取り。

タイミングを見誤ると「運がよければそのうち届く」というヤクザなサービスが本領発揮です。

昨年末からその傍若無人ぶりに磨きがかかり、若旦那もいわれの無いクレームに日々胃が痛い思いをしているという事だったので、なんとなく、野次馬的におっさんも使ってみましたw(ヲイ。

AIRMAIL

いやぁ、見事に上海経由便にのっかって送り返されてますね〜。
上海税関はほんと極道っす。

二等兵の通いつめる地元郵便局に戻るのに、こっからおそらく10日前後。
運がよければ心優しい郵便局員さんが「再送分の送料は見なかったことにしてあげるよ」と涙ちょちょぎれなお言葉をくれるわけですが、普通は再送費用店負担っす。

で、差し戻しが確定した段でこの荷の事は「いつの日か届くかも知れない!」とさっくりと切り捨て、EMSで同じ内容をオーダー入れたのがこっち↓

EMS

都内だったら昨日のウチに着いてたってことですね。

そんなわけでギャンブラーでない方はEMSでいくのがガチなわけですが、あれだけどぎづい注意書きがしてあっても、ついつい油断してAIRMAILを選んでしまわれる方が後を絶たないご様子。

ええ、いいんです。

本来なら北京語で中国政府にガンガンクレーム入れたいところなのに、哀しいかな北京語どころか、どこ宛にクレーム入れていいのかすらわかりません。

やり場のない憤りを受け止めるのも電子タバコ屋たるものの職務であります( ̄^ ̄ゞ
熱い思いのたけを若旦那にぶつけてちょっとだけスッキリしましょう。

でもニコリキ切れそうなときはやっぱEMSにしといたほうがいいと思いまふ。
おっさんもVGなサンプルが回ってきてなければヤバかったw
なんかストックしてても、ある分だけガンガン吸っちゃうんですよね?

ちなみに昨日が抽選日だと思って、eGo-Tリプレイス・キャンペーンの抽選プログラム、慌てて書いてきたんですが、コレ、注文後決済が遅れる人を一週間待つルールなんですね。

当たった人がお幾ら分タダになるのかワクテカだったのにツマンネ。
発表は是非、注文番号だけでなく購入金額もいっしょに掲載して貰いたい予感がします!>若旦那

Tags: ,