FAQ – 充電しすぎると爆発すると聞いたのですが

この話題も面白おかしく過激な記事にするサイトが乱立しているため、よくお客様が混乱されるテーマです。

電子タバコや携帯電話で採用されているリチウム・ポリマー電池は、リチウム・イオン電池の一種で、発火・爆発などのリスクを抑えるために、揮発性が高く可燃性の『有機物による電解液』を廃止し、燃えにくく安定性の高い『高分子ポリマー材料』を採用したものです。


電池許容量を越えた過充電や、電池性能を大幅に上回る無理な放電(LR機器の連続使用)、短絡(ショート)などがあると電池セル内部で化学変化に伴なうガスが発生し、外装のアルミ箔が膨らみます。

リチウム・イオンの場合、このガスがとても燃えやすかったため、そのまま膨張しアルミ箔が破れて外気に接すると発火事故となることが多々ありました。

リチウム・ポリマーはこれを回避する為に生み出されたものであるとは言え、完全ではありません。

意図的に安全回路を破壊し、爆発力が高まるよう容器に密閉し、大きな電力を流し込み続けることで、あちこちのサイトにあがっているような爆発を演出する事が可能です。

線香花火の火薬も密閉すると爆弾が作れるのと同じですね。

この現象を電子タバコの使用環境に置き換えて考えてみましょう。

分かりやすく要約すると、充電器には接続されたバッテリーの電圧を計測し、所定の電圧になると満充電と判断、送電を終了する機構が搭載されています。

定電流充電で前半はガンガン送電し、一定電圧に到達すると定電圧充電でチョトチョロと仕上げまで持っていく方式ですね。

ですから出力の弱いUSB電源を使用したり、バッテリー←→充電器間のコミュニケーション相性が悪くていつまで経っても充電が終わらない場合でも、定電圧モードのちょろちょろ充電になりますので、キッチンタイマーなどで時間管理する効果はあまりありません。

回路故障で定電流モードのまま定電圧モードに移行しなかったら、タイマーが働く前に事故になるケースが想定されるからです。

いずれにしても回路が正常に動作していれば事故は起こらず、回路が故障していれば事故は起きうるという事です。

残念ながら当店販売の機器でも、開店からの一年半で2件の発火事故が報告されています。

発火に至ったのはこの二件のみでも、事前に異常に気がついてバッテリーを破棄されているケースはもっと多くあると想像します。

リチウム・イオンからリチウム・ポリマーになって、異常即発火とは至らず、尋常成らざる発熱が長時間続いた後に発火するようになった為、通常は事故に至る前に皆様気づいて対処されているのだと思います。

おっさん自身はPCCの無茶な改造作業中などに誤って回路を短絡させ、何度も発火させています。

とはいえ、意図的に爆発力を演出するような環境は作っていませんので、数秒間花火のように火花を吹いてそこで終了です。
PCC用の大型バッテリーでも火花は20〜30cm程しか飛びませんが、周囲に可燃性の物があったりしたら火事になりかねませんので、用心は必要です。

これは携帯電話やノート・パソコン等、共通の注意事項ですが、電子タバコは機構が単純な分、注意点も絞りやすいです。

事故に至る要因は3つ『過充電・過放電・短絡』です。
そしてこれらがなぜ発生するかというと、無茶な運用・リキッドの侵入・製造不良などが想像されます。

無茶な運用、すなわち小型バッテリーでのLR機器使用などは、特性を熟知された方が、自己の責任の範疇において行うものですので、本項からは除外してよいでしょう。

機器の性質的に製造不良の場合、その発現は初回使用時から数回の充電実行の間に発生する確率が極めて高く、数ヶ月の運用後に突然故障するという事は考えにくいと言えます。

単純なIC回路ですので、運用負荷による故障は想定し難い為ですね。

つまり、注意事項その1は『新しいバッテリーや充電器を購入したら、初期不良が無いか必ず充電試験を行う』という事になります。

異常時には尋常成らざる発熱がありますから(※ほんのり温かいのは正常です。触って「アチっ!」となるようなら異常です。)その場合は全ての電力を停止し、速やかに初期不良交換の要請を行ってください。

ちなみにアトマイザーやカトマイザーは発熱するのが仕事ですから、吸引時にこれらの部位及び隣接部がある程度熱を帯びるのは正常動作です。

注意事項その2は、『リキッド侵入による短絡や破損』です。

アトマイザーから溢れでたリキッドなどがバッテリー口金部に付着したまま充電を行うと、充電器にも徐々にリキッドが移ってしまいますね。

よって購入直後の使用で無くとも、充電開始直後は発熱異常が無いか確認する必要がありますし、汚れはこまめに拭き取るのが基本です。

そして念のため燃えやすい物の周辺では充電を行わない。

無論バッテリー内部にリキッドが侵入した場合にも、防水機器ではありませんから、破損事故のリスクはあるので、こちらも使用中に異常が発生した場合は速やかに使用中止する必要があります。

使用中の発火事故は今のところ一件もご報告がありませんが、アトマイザー装着状態のまま放置しておいて、徐々に浸透したリキッドによりスイッチが入ってしまい、気づいたらカートリッジが溶けていたなどのご報告は数件いただいています。

納品書の注意書きは「確実に読んで頂ける量」に要約して記載しておりますので、お読みいただいてもいまひとつ理解が困難な場合などは、遠慮無くお問い合わせ頂きたいと思います。


※FAQはチラ裏とは別のカテゴリーで、よく寄せられるご質問を時折まとめていきたいと思います。「FAQ□半角スペース□キーワード」で本ブログの検索機能から、ご不明事項をお探し頂けます