保冷袋とr.1.1.2

昨日のっていうか一昨日からのBCM401 r.1.1.2一斉発送は地獄だった。

地方拠点設置案が出た際に真っ先にあがったこの地域、おっさんの故郷の町である。

そこら中に同級生やら幼なじみが生息しているので色々無理が利くし、政治的な問題にも取り組み易く、何よりも土地が安い。

しかーし、東京→秋田だと1日で届く荷物が秋田→東京だと2日かかったり、様々に問題があるので折角設置した仮発送拠点も次の場所が定まり次第撤収となる。

 

そんなわけで20日に通関したEMSがいつまで経っても届かないという現地からの連絡を受け、おっさんも遠征中の千葉から急行、荷物を確保したのが21日の夕方。

ちなみに余所の家に不在票を入れ続けていたらしい。

香港からの国際小包の不在票とか入れらても、そのお宅の住人の方もさぞ困惑した事だろう。

 

IMG_0043通関差し止めから行方不明と苦労して確保した荷を空けてみると、SilverバッテリーのLEDがミドレンジャーになっているではありませんか( ̄□ ̄;)

BLUE LEDだと昼間見えなくて使いにくいので、視認性の高いGREEN LEDの輝度が高いヤツをr.1.1.3用に準備してくれと話していたのが、なぜかr.1.1.2にさっくりと実装されてしまっています。

元ヤンの配送パートさんはヒカリモノ大好きなので大喜びでしたが、おっさんは冷や汗です。

今から作り直していてる時間はどうにも無いので再び一斉お詫びメール。

 

そしてここからが一層大変。

昔の記憶では8月の最終土曜だった地元の花火大会が一週間繰り上がって22日になっているではありませんか。

この花火大会、シャレにならないくらいデカイのです。

人口3万人の町に70万人が押し掛けるので、交通機関はじめ色んなものが止まります。

車移動が原則の田舎でありながら、中心部は通勤時の埼京線ホーム、周辺部は夕方の首都高速みたいな状態になります。

 

ヤマト運輸の管理部に連絡して当日確実に動く便の時間に間に合う様に配送を手配して、もしもの為に郵便局にも最終便の時間をチェック。

今回新商品のF3なコーヒーリキッドは60度を超えると分解してしまう為、アルミコーティングの保温袋に保冷剤を入れて発送する事になっていたため、おっさんもパートさんとともに夜通し準備。

なんていうか一晩中シーラーを握ってた気がします。

夜が明けてそこら中にテントが立ち始めても作業は終わらず、ギリギリお昼前になってパートさんにヤマト運輸の集配所まで運んでもらい、そのまま還らぬ人に・・・っていうかこの時間になるともうまともに移動できません。

なにも年に一度のこんな日にぶつからなくてもと泣きながら間に合わなかった分をEXPACKにつめて郵便局へ旅立つおっさん。

兎に角もうヨレヨレでした。

IMG_0054ちなみにr.1.1.2の本来のマイナーチェンジ予定箇所。

基本的にはr.1.1.1と変わらないわけですが、ヘッドの仕上げ時になるべく金属網部分を潰さずふっくらと仕上げてくれるよう頼んでみました。

中国の方はこういう微妙なニュアンス苦手なところなので不安でしたが、結構思い通りの感じに出来ていてかえってびっくり。

 

折角地元にいるんだからと徹夜明けのまま数年ぶりの花火大会に老体を引っ張り出され、さらにトドメを刺された感のおっさん、明日には千葉に戻らなきゃです。

成田が近くて便利そうなんですが、やっぱ千葉も広いですよね・・・。

Tags: