久々にLoongTotem

V12やっと本家にも情報あがってきたのでそろそろネタにしてもいいかな?

ってことでLT-V12っす。

600mAhなマニュアル・バッテリーにリキッドチャージを前提としたマウスピースがポコンと外れるラージ・カトマイザー。
eGo+eGoカトマのLT版というところでしょうか?


まだサンプルはとってないので実力は不明。

なぜに未だにサンプルをとっていないのか?
例によって語るも涙、聞くも涙のLoongTotemくおりちーな話です。

おっさんと電子タバコの衝撃的な出会いはLT-V9に始まったわけですが、カトマイザーおよびリキッドの卸値が一般小売値と同額とか、吹き戻し一発でバッテリーあぼーんとか、一度で指定通りの納品がなされた試しがないとか様々にありましたが、一番きつかったのは最終期のバッテリーの初期不良率、実に50%到達という壮絶クオリティーだった事ですね。

ものすごく頑張って吸い込めば動作はするのでLT社的には正常判定。
当然ながらブルシグのお客さんに「仕様っす」とかアホなことは言えませんので、全部店の負担です。

予告も報告も無く仕様をコロコロ変えてロットごとで充電器とバッテリーの相性が出るとかも厳しかった><)。

等々の伝説を踏まえて、今回「最近ずっと買ってくれてないじゃないですかー?新製品だしなんとか買ってくださいよー!」というお知らせに「ほむ、大容量でもリキ茶が壮絶にめんどいeGoカトマよりはイケテルかもしれない」と、颯爽と仕切値交渉にかかったおっさんでしたが、営業担当の初回提示額に酷く憤慨しました。

例によって『カトマ卸値=一般小売価格』っす。
そして一般小売価格より安く卸す場合のリキッド本数は5万本とかおっしゃられられら。
すかさず「まともに商いできる金額じゃない。そもそも卸値ですらない。」と返答したところ「どのあたりがご不満ですか?」と来たもんだ。

何が不満って・・・
おまいを採用した人事裁量が一番納得いかんっ!

$5.95で値札がついてるものを$5.95で仕入れろとはコレいかに?
何故に販売店が送料やら販管費やら負担しておまいの品を配ってやらねばならんのじゃと!

おっさん、たまにキレる子供になるので、これ以上は危険と思い、営業との英語折衝は断念。
後はネイティブで社長と話せる電凸姫に委ねましたです。

このあたり、やはり本場の”ヤツ”は違います。
おっさんの三倍くらいの音量でマシンガンのようにまくし立てていたかと思えば、次の瞬間にはケラケラ笑っていたりと、我々には理解不能なコミュニケーションを用います。

そこを行くと二等兵は兄妹ながら温和です。
怒鳴ってるとこ見たことがない。
しかもイケメン!
どうでもいいっすね、はい。

なにはともあれ、V12がやってくるか否かはカトマの価格次第ですね。
本家価格付近で販売できない場合は格好の吊るし上げネタにされてしまいそうなので、やらない可能性も大。
報告をまちますです。

Tags: , ,