LRアトマイザー入荷

510用LRアトマイザーそんなわけでLRアトマイザー、510用とTT用で入荷してみました。

少量だったので速かったですね。

今回ロットは510用TT用ともに1.5Ωコイル指定。
組上げ状態で口金ごと計測すると2.0〜2.5Ωくらいになるブツです。
おっさんの500円のデジタルテスターでは振れが大き過ぎてあんまり正確では無いですが、ノーマルアトマの約半分くらい?

さてお味の方ですが、まず510用をeGoでいってみます。
既存品で一番近いのは901に5〜6vかけたような感じでしょうか。
そんなに無茶な感じはしないんですが、ノーマルカートの淵が速攻で溶け出したので801カートの吸い口を被せてダイレクト・ドリッピング・オンリーな方向です。

Regular系のリキッドが残ってなかったため、XMで試しているせいか、煙量はそんなにびっくりするほど増えません。
密度が高くなって、601に近くなりますね。
喉への負荷はノーマルより結構きつめです。

TTで使った場合は電流量が足りないのか、ノーマルの2割増しくらい?
eGoで使った後なのでプラシーボもでかそうですが、Tinyアトマは元から粗っぽいテイストなのでそんなに激変しないですね。
バッテリーが尽きる時のLEDの消え方が、点滅というよりもゆらゆらと消えていく悲しい感じになりますです。

いずれもリキッド消費が加速して空焚きイガイガに陥りやすいので、やはりある程度使い方を心得ている方向けの製品になりますね。

510用はプリント入れたのでわかりやすいですが、TT用はごっちゃになってしまいそうなので今まで扱っていないブラウンカートを被せておく事にしました。
これならやや抜け加減のおっさんでも大丈夫(爆

さて、話変わって2chネタっす。

mixiで「306用のDrip TipがTTに使えるかも知れない」という情報があがった日から「Tiny Titaniumは306だ」という方向に話を進めたい方がいらっしゃるようで、両方お持ちの方と意見が食い違い争いになっている模様。

あちこちで触れていますので今更感満載ですが、一応立場的になんか言っておいた方がいいのかなと。

おっさんも作っている工場の皆さんも「306ってどんなんだっけ?」的な話なので306の定義なるものが存在するのか否かすらよくわかりませんが、とりあえず、TTのベースは、とある工場が『いろんなパーツをゴニョゴニョしてたらなんか良さげな感じになったんで買って下さい!』とかいう流れで二等兵のところに送って来たのが始まりなので、少なくとも『306とは名乗れない』っていうか、そんなん言ってたらJOYEさんに怒られるんじゃ無いでしょうか?

思えば16ヶ月前、右も左もわからずに電子タバコの世界に飛び込んだ時にはおっさんも似たような「くくり」で製品を判断しようとしていました。
どうしても現代のブランドが確立した生産環境を想像してしまうからですね。

でも実際は戦後の下町工場町のような環境、バッテリーの管が足りなくなったら隣りの会社に行って借りてくるようなそんな世界です。
510なアトマイザーに穴開けて、口金換えたらそれはもう901なんていうことも少なくありませんが、その場合本質的にコレが510なのか901なのか、もはや誰にも区分できませんね。

つまるところがTECCさんがTORNADEって言ったらそれはトルネードで、JantyさんがeGoって言ったらそれはeGoだと、そういう事なんじゃないんでしょうか?

っていうか深圳の人達はあんまり306っていう名称自体知らない気がしますね。
510くらいメジャーになると話は別ですが、大抵は径と長で管を指定して細かなパーツを調整していく事になるんで、型番で言っても管の下請けさんは全然話通らなかったり。

余談ですが、この管の下請けさん、実は皆さんご存知のあの会社のオヤジ殿がガッツリ資本抑えて幅を利かせていたりするんですねー。
これだけコピーが氾濫してる、っていうかRUYANからの流れで行けばコピーによって成り立っているような電子タバコの世界にあって、アレだけは皆触りたがらないのは、下手を打つと管が仕入れられなくなるからだとかでないとか・・・。

早く現地で直接参加したいですねー。

Tags: ,