AIRMAILとEMS

「上海万博で遅くになるからお客さんに言っておいていいね」
だそうなので、大半の方には今更ネタですがおさらいっす。

覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、BlueCigオープン当初はAIRMAILには対応していませんでした。
初めての海外通販でEMSですら面食らうのにAIRMAILのいい加減さはハードルが高すぎるだろうというのが理由ですね。

無論、手馴れた方で、購入サイクルもバッファをしっかり設けられているのであれば、AIRMAILは良い選択になります。
船便よりは早いですし、重量設定も100g単位でかなりお得。
しかしながら他の郵便物より優先されるものでは無いため、混雑時には後回しにされますし、安全検査で破棄されても通知すらこないケースも時折あります。

同じ便に積載されたAIRMAILとEMSが天候不良で中国の他の空港に舞い戻った際にも、EMSは即座に正規ルートに復帰し再送されましたが、AIRMAILは一ヶ月ほど中国国内を彷徨った挙句、出国した扱いとなってその後の足取りが不明となった事もあります。

恐らくは処理が面倒になって適当に捨てられてしまったのだと思います。

国内一流企業であるところのヤマト運輸様のメール便速達は勿論、世界でも屈指の正確さと謳われる日本郵便さんのEXPACKでさえ行方不明になるわけですから、中国からのAIRMAIL利用にはそれなりのリスクを覚悟する必要がありますね。

こんな事を書くとまた「高いEMSを使わせて儲けたいからだ!」と、支離滅裂な書き込みを始めるいつもの方が元気になりそうですが、海外発送の送料は常に赤字です。
ご利用の手引きのところを参照していただけると一目瞭然ですが、ショップが負担させていただいている送料の赤字分もEMSの方が圧倒的に大きくなります。

AIRMAILの方は昨年末の増税分のみの負担になっていますが、EMSは貝思特電子(ブルシグの中国法人)として中国郵政さんとグロス契約を結んでいてもかなり厳しいです。

どうでもいいですがこの『貝思特電子』、命名二等兵なわけですが、中国の当て字で『ベスト電器』だそうで(爆)、我々には無い尖ったセンスを感じずには居られませんね。

ちなみにブルシグが他店さんのようにEMSを書類扱いで送らないのはトラブルがあった場合の保障に問題が発生する為です。
中国の話ですから郵便局の担当に小銭を握らせれば「小包」を「書類」としてもう少し安く送ることは自体は可能です。
しかし、これが通関時などに開封検査に回った場合には当然「密輸」になりますし、天候不良などでルート変更になった場合なども密輸している立場で所在確認要請するわけには行きませんね。

AIRMAILは運がよければ一週間程度で届きますが、通常で二週間は見ておいたほうが良いサービスで、ちょっと運が悪ければ3,4週間、200個に1個くらいは行方不明になります。
積載する航空機の貨物の空きや税関の混雑状況に左右されるものなので、前回一週間で届いたからといって今回も一週間で届くものでは無いことをよく把握しておく必要がありますね。

時折一週間ほどで「いつまで経っても荷が届かない」というクレームを頂くことになりますが、残念ながらショップとして郵便局さんに問い合わせしても「急ぐ場合はせめてEMSにしていただかないと」と言われればそれ以上させて頂ける事は無くなってしまいます。

「せめてEMS」というのは郵便局さんではありませんが、DHL等その上のサービスがあるからですね。
ブルシグ設立以前よりLoongTotemさんなどを利用されていた方はご存知かと思いますが、本来リキッドはEMSでは無く、DHLさんなどでかなり面倒な手続きの上で送らなければならず、当然ながら送料も洒落になりません。

また、新しいお客様が増えて、リキッドの購入可能本数についてのお問い合わせが再燃していますが、トラブルの際にはショップでは無くお荷物の受取人となるお客様が直接関係省庁と交渉しなければならなくなりますので、航空貨物規制のガイドラインと関連薬事法項目について、ご自分で調べて把握されていない方は、目安として掲示させていただいている「10mlボトルで一回に3本まで」というラインに準拠されることをお勧めします。

「販売目的では無い個人が一ヶ月に消費する量」という大枠の規定のみで、具体品目と実際の『量』に関しては数値化された法案は存在しませんので、非公式ガイドラインに照らし合わせての判断、担当官を公的に納得させられる資料が提出できるのであれば何リットルでも通関許可されますし、何かひっかかるところがあると感じさせてしまえば1mlでも却下されます。

すっかり横道に逸れてしまいましたがAIRMAILとEMSに戻りましょう。
そんなわけで上海万博関連で中国国内の規制は理の合否を問わず厳しくなっていきます。
自分の荷が無関係でも同便の荷に妖しげなものがあればコンテナごと破棄とかされる事態などもお国柄を考えれば想像に容易いところ。
加えて先日の噴火の影響で空路は通常ルートより変更される可能性も高まっています。

あくまでもリスクを加味してのお客様判断ですが、確実な荷のお届けを優先するならEMSが良いとは思います。

ちなみにこのところの常連さん達の動向はさすがに賢いなと感心させられます。
というのもAIRMAILを最低料金の枠内で同じ便にならないように時期分散させているんですね。
通関処理は通常「一ヶ月」という名目の元に実際は「一回」ごとに精査されますから、AIRMAILの安さを活かしてうまくリスク分散させています。

ついでと言ってはなんですが、国内関連も。
航空貨物規制は国際便に限ったことではありません。
国内運輸業者様にとってもナンセンスな規制とはいえ影響を受けています。
物事には理由があり、藪をつつけば蛇が出るということを、電子タバコというニッチな品を愛するユーザーとしては、よくよく肝に銘じていかないといけない時期だと考えます。

あと、メール便速達とバイク便を混同されている方、たまにいらっしゃいます。
当日は届きませんし、ポスト投函ですので時間帯指定などもできませんです。
ヤマト運輸様のメール便速達規定内で動いている荷について、法人契約を持つショップから無理なクレームを入れる事は憚られますのでご理解お願い申し上げます。

何にしても、ユーザ層に広がりを見せてきているというのは嬉しいことですね。
分母が広がれば市民権が得られやすく、喫煙所の隅の微妙な立ち位置から脱却できる可能性も高まるというもの。
過去様々な分野のニッチ商品が心無い婦人団体の弾圧の元に闇に葬られていったことを念頭に置きながらも、この新しい嗜好品の成長を楽しみましょう!

っていうかなんかお題とかけ離れたところで変な啓蒙文になってしまったっす(汗

Tags: , ,